離婚寸前から復縁できた!崖っぷち主婦が離婚回避のきっかけを作った方法

夫婦関係修復離婚寸前

復縁はとっても難しいと言われていますが、結婚まで進んでいる場合には修復できる可能性も高くなります。

離婚寸前からの復縁と聞くと大変に感じられますが、一度は結婚までした相手には情もありますし、離婚は簡単ではありません。

そんな離婚寸前からの復縁のきっかけや成功させるコツについてご紹介して行きたいと思います!

離婚寸前から復縁できたきっかけ体験談

体験談「何度も離婚をつきつけられ」

結婚当初から主人に何度も離婚をつきつけられていましたが、なんとか話し合いで解決してきました。

ですが、ある時とうとうガンとして聞かなくなりました。

その時には私が全ての相手への文句などをシャットアウトしたことがきっかけとなり、少しずつ信頼回復し復縁へとこぎつけることができました。

体験談「相手の浮気が原因で」

結婚後ふとした時に相手の浮気が発覚しました。

その時にはすぐに離婚を言い渡し、相手の両親にも伝えて離婚の準備を進めていました

ですが、相手の両親からの誠実な謝罪や寄り添ってくださるお言葉をきっかけに、やり直しの道を考えるようになりました。

離婚寸前から復縁するきっかけの作り方

思いもよらないきっかけによって、自分の気持ちや心が変わることは良くあります。

そのきっかけはとっても些細なものかもしれませんが、本人にとっては心に響くものでもあります。

離婚寸前からの復縁に繋がりやすいきっかけの作り方をご紹介します。

復縁きっかけの作り方1「自分が変わったことを見てもらう」

離婚寸前からの復縁までのきっかけになりやすいのは、相手からみて不満点が改善されていると感じた時が多いです。

例えばずっと生活態度について注意されていたけど、無視し続けていた場合、注意されていた点について改善してみましょう。

改善したら「〇〇やったよ」とアピールしたりせずに、それを習慣づけていきましょう。

きっと相手は気づいてくれるかと思います。

復縁きっかけの作り方2「相手の話をしっかりと聞く」

相手からなんらかの話があった場合には、しっかりと聞くようにしましょう。そこに離婚寸前から復縁までのヒントが隠れている可能性があります。

何かの意思を伝えたくて話をしていますし、この時に誠実に聞いてくれることで信頼を少しでも回復することができるかもしれません。

また、話の中で相手から要望があったらしっかりと聞いておき、実行しましょう。

何気ない話と勝手に思わずに、しっかりと相手の話を聞いて、離婚寸前から復縁までのヒントを見つけましょう。

復縁きっかけの作り方3「共感する」

共感すると言うのは簡単そうに見えて、難しかったりもします。

もしかしたら、自分にとっては全く理解できないこともあったりする可能性があるためです。

でも相手と共感すると言うのは、コミュニケーションの上でも非常に重要なポイントになります。

ちょっとしたことでも、共感してもらえると嬉しいこともあります。

少しずつ共感できる部分を増やして行き、相手の心に刺さるようなきっかけがくるのを待ちましょう。

離婚寸前から復縁を成功させるコツ

すでに二人の間は冷え切ってしまっている状態、離婚寸前から復縁を成功させるのは簡単ではありません。

ですが、コツをつかんでおくことで近づけることがしやすくなるかも知れません。

しっかりコツを掴んでおきましょう!

復縁を成功させるコツ1「相手が落ち着くのを待つ」

感情的になってしまうこともあるかと思いますが、離婚寸前から復縁までを考えるのなら、相手が落ち着くのを待つと言うのも重要です。

自分もそうですが、相手が落ち着くのを待つと言うのがポイントです。

相手もたくさん傷ついていることがあるかもしれませんし、気分が高ぶっている時に話しかけられたり、考えたりするのは難しいかもしれません。

一度、相手が落ち着くのを待つようにしてから、少しずつコミュニケーションを取ったりしましょう。

復縁を成功させるコツ2「長期戦と腹に決める」

なかなか二人の関係が変わらないからと、すぐに諦めてしまっては勿体ありません。

失ってしまった信頼を取り戻すには、少しずつコミュニケーションを積み重ねて長期戦になることも視野に入れる必要があります。

信頼を回復すると言うのも簡単ではありませんが、少しずつ一歩一歩進んでいくようにしましょう。

すぐに結果が出るものではありませんので、早々に諦めないようにして自分のモチベーションを保つようにしておきましょう。

離婚寸前!別居中の場合の注意ポイント

別居中だからもう無理と思わずに、離婚寸前から復縁までを諦めないようにしましょう。
とは言え、実際に距離があることで一度お互いに冷静になれると言うメリットもありますが、注意点もあります。
チェックしておきましょう。

注意ポイント1「すぐに連絡したりする」

別居している時に、自分を忘れられたく無いから、何をしているのか気になるからなどの理由で、すぐに連絡したりするのはやめておきましょう。
それでは別居しているメリットも薄くなってしまいますし、相手にとっても不満となってしまいやすくなります。
連絡は最小限にして、事務的な部分のみにしておきましょう。
その時にも、相手への配慮を持って連絡をします。

注意ポイント2「別居しているほうが良いような発言」

別居している間に、相手に別居していることで充実しているだったり、別居している方が楽で快適と言うようなことは言わないようにしましょう。
また、これは直接言わないのもそうですが、SNSでの発言にも気をつけましょう。
ぽろっとSNSで発言したことが、本人が見る可能性もありますし、友人づたいに知られてしまう可能性もあります。
ですので、特に離婚寸前から復縁したい場合の別居中には、SNS自体を避けるようにしておいた方が無難です。
相手からしたら、別居した方が快適ならすぐにでも離婚しましょとなりかねません。

離婚寸前から復縁したいなら

離婚寸前まで行ってしまうと、もうだめだと考えてしまいがちになってしまいますが、一度は結婚までしているお二人です。

復縁できる可能性もあります。

少しずつ相手のことを考えて行動して、関係を修復して行きたいと伝え、相手に誠実に対応することで、先が見えてくるかもしれません。

簡単な道のりではありませんが、雨降って地固まるとも言います。

お二人の関係をしっかりと見直してみてください。

もし夫の気持ちが知りたいなら電話占いで夫婦の行方を占ってもらうのもおすすめです。

電話占いは【初回無料】で相談できます!

復縁相談のプロである占い師に相談するだけで取り戻せる「縁」もあるのです。

口コミで評判の復縁できる占い師をランキングにしているので、無料キャンペーンを活用して彼の気持ちやこれからどうなるかを相談してみましょう!

⇒電話占いの復縁に強い占い師はこちら

タイトルとURLをコピーしました